1. ほうじ茶 古都かをり

ほうじ茶 古都かをり

ほうじ茶 古都かをり

内容:
選択してください
 

※内容によって価格が変わります

価格: 486~864円 (税込)
商品サイズ H230mm × W160mm × D70mm
賞味期限 約180日
商品サイズ H57mm × W57mm × D57mm
賞味期限 約180日

「古都かをり」は特に厳選された茶葉と茎の両方の部分を使用しています。
祇園辻利のほうじ茶の中でも最も香り高く仕上がっており、一番人気がございます。

喫茶の茶寮都路里でお客様にお出ししているほうじ茶もこちらです。
ほうじ茶を淹れた時の香ばしい香りは一日の疲れを癒してくれます。

ご自宅での普段使いに、ちょっとした手土産にもおすすめです。

ほうじ茶とは

ほうじ茶は茶葉を焙じることによって生まれる香ばしい香りが特徴です。
祇園辻利のほうじ茶は「砂炒り製法」という方法で焙じています。
熱した砂の遠赤外線効果により、茶葉の中からじんわりと熱を加えていきます。
この製法により独特の香り高い香ばしさが生まれます。

ほうじ茶は香ばしい香りを引き出すために、熱湯での抽出がおすすめです。
急須に熱湯をいれると、ほうじ茶独特の香ばしい香りとほのかに甘い香りが部屋中に広がります。

玉露や煎茶に比べ、さっぱりとした味わいなのでシーンを選びません。
脂っこい食事に合わせていただくと、口の中をさっぱりとあらい流してくれます。
またカフェインが少ないことも特徴です。

 

アレンジレシピ

ほうじ茶の香りでほっこり!スパイスが決め手!ほうじ茶チャイ

■ 材 料 ※目安カップ2杯分

  • ほうじ茶葉(6g~10gでお好みの濃さで調整)
  • 水 150cc
  • 牛乳 150cc
  • 砂糖 お好み
  • しょうがパウダー 少々
  • シナモンパウダー 少々
  • クローブパウダー 少々
  • カルダモン 少々

※ほうじ茶と牛乳の割合はほうじ茶1:牛乳2がおすすめ!

■ 作り方

  1. 小鍋にほうじ茶と水を入れ、沸騰させた後、中火で数分煮出します
  2. ほうじ茶の色がしっかり出てきたら、さらに数分、弱火で煮出します
  3.    [ポイント!] ほうじ茶は濃い目にしっかり煮出した方が、芳醇な香りを感じられます。
  4. 2に牛乳を注ぎ入れ、沸騰しないように気を付けながら、加熱します
  5. 3に砂糖としょうがパウダー、シナモン、グローブ、ガルダモンを加えて、
  6.    茶こしで漉しながらカップに注ぐと出来上がり!

 

牛乳を増やせばミルキー感UP、甘めがお好みなら砂糖を多めにすることで更においしく!!

茶葉から煮出すからこその芳醇な香りをお楽しみください。

ティーバッグなら、さらにお片付けも簡単!

いつものほうじ茶を少しアレンジして、おうちカフェを満喫しませんか。

ぜひ試してみてください!!