季節はいわゆる八十八夜の頃、
その年の一番初めに収穫したやわらかい新芽で作ったお茶を「新茶」といいます。
いわばお茶の初ものです。
祇園辻利の宇治新茶は、宇治の茶園で摘みとられたみずみずしい新芽を大切に製茶しています。
香味高く、うまみ豊かな旬の味わいです。

一度沸騰したお湯200mlを2つの湯呑みに分けて注ぎ、大さじ約2杯の茶葉(8gで2人分)を急須に入れます。

湯呑みのお湯が約75℃になった頃に急須へ移し、約1分半待ちます。

濃淡のないように、まんべんなく少しずつ最後の一滴まで残さず注ぎ分けます。