清々しい新年を迎える縁起ものとして、お正月に欠かせないのが大福茶です。
元旦の朝には「しわがよるまで」と長寿の願いに梅干しや、
「睦みよろこぶ」の語呂合わせとして結び昆布を、
また金箔などを入れて一年の無病息災を祈りいただきます。
平安時代、空也上人が疫病に苦しむ民へお茶に梅干しを入れて振る舞ったところ、
やがて疫病が下火になったという功徳にあやかり、
時の天皇が正月元旦にこのお茶を服するようになりました。
そこで当初は「王服茶」「皇服茶」と呼ばれていましたが、
後年、一般に広まったことで大きな福をつかむ「大福茶」と字があてられ、
今に伝わっています。

一度沸騰したお湯200mlを2つの湯呑みに分けて注ぎ、大さじ約2杯の茶葉(8gで2人分)を急須に入れます。

湯呑みのお湯が約75℃になった頃に急須へ移し、約1分半待ちます。

濃淡のないように、まんべんなく少しずつ最後の一滴まで残さず注ぎ分けます。