煎茶の製造工程で出る茎の部分を集めたもので、別名「茎茶」とも呼びます。
茎には渋み成分のタンニンが少ないため、簡単においしいお茶を楽しめるのが特徴です。

一度沸騰したお湯200mlを2つの湯呑みに分けて注ぎ、大さじ約2杯の茶葉(8gで2人分)を急須に入れます。

湯呑みのお湯が約75℃になった頃に急須へ移し、約1分半待ちます。

濃淡のないように、まんべんなく少しずつ最後の一滴まで残さず注ぎ分けます。