「ほうじ茶」や「玄米茶」のように、
「冷煎茶」という種類のお茶があるわけではなく、
煎茶を冷水で抽出したものを「冷煎茶」または「水出し煎茶」といいます。
祇園辻利の「冷煎茶」は、通常の煎茶よりも少し長めに茶葉を蒸しています。
こうすることで渋みが減り、茶葉も細かくなるため、
冷水でも抽出しやすくなっています。

急須またはクーラーポットにティーバッグ1ヶ(5g)と水300mlを注ぎます。

しばらくしてお茶の色がでたら、グラスに氷を入れて注いでください。抽出時間はお茶の色を見てお好みで調節してください。